「Adobe Capture CC」を使って手書きの絵からLINEスタンプを作ろう!

手書きの絵をLINEスタンプにしたい!

そんなときに使えるのが、Android/iOS向けの無理アプリ「Adobe Capture CC」です。

 

appsto.re

 

スマホで撮った写真からベクター形式のシェイプに変換してくれる優れものです!

 

使い方はカンタンで、絵を描く→スマホで撮影→パスを微調整→できあがりです。

実際に使ってみましょう。

 

1.手書きのイラストを描く

スタンプのもとになる絵を書きます。

できるだけ白い紙で、黒くハッキリとした線で書くのがポイントです。

※ぼやけていたり紙の質が悪いと撮影時にノイズが多くなりうまくトレースできません。

f:id:takayokoy:20161003011023j:image

試しに、カッパを描いてみました。

 

2.スマホで「Capture CC」を起動する

起動直後の画面です。

Captureを利用するには、無料で作れるAdobeIDが必要です。

(IDを持っていない方はアプリ起動後に新規登録できます。)

f:id:takayokoy:20161003011034j:image

今回は手描きイラストをトレースしたいので「シェイプ」を選んで"+"ボタンを押しましょう。トレース用のカメラが起動します。

 

3.カメラで手書きイラストを撮影する

手書きイラストを撮影します。

黄緑色っぽい線が、トレースした線です。

トレースの度合いは画面下部のスライダーで調整可能なので、いい感じになるまで調整しましょう。

f:id:takayokoy:20161003011039p:image

 

4.シェイプのノイズ除去、パスの調整を行う

撮影が終わると、トレース結果が表示されます。

画面上部にノイズがちらほらあるので、「消しゴム」を使ってノイズを消していきます。

f:id:takayokoy:20161003011028j:image

 

ノイズを消した結果がこちら↓↓↓

f:id:takayokoy:20161003011049j:image

ノイズが消えて、きれいになりましたね。

出来に問題がなければ「次へ」ボタンを押します。

 

Illustratorなどで扱えるシェイプに変換された結果がプレビュー表示されます。

多少、輪郭がもやんとしていますが、おおむね手書きと同精度にトレースできていますね。

イラストレーターをご存知の方は、「画像トレース」と同等だと思って頂ければよいです

f:id:takayokoy:20161003011101j:image

 

5.トレース結果を保存する

トレースした結果(シェイプ)に名前をつけて保存しましょう。

結果は、AdobeのCCライブラリに保存されます。

f:id:takayokoy:20161003011105j:image

ライブラリに保存されました。

f:id:takayokoy:20161003011111j:image

 

基本的な作業は以上です。めっちゃカンタンですよね!

 

あとは、Illustratorにぶち込むなりして色を付けたり、パス(トレースした線画)を必要に応じて調整すれば、手書きイラストからLINEスタンプ画像の完成です!

 

f:id:takayokoy:20161003013124j:plain

Illustratorで適当に色をつけてみました。

パスをいじらなくても、それなりの見栄えになりますね。

 

Adobe Capture CC」では他にも、スマホで撮影した画像を元にして、ブラシやパターンなどを作成してライブラリに追加することができます。

こちらは、Adobe製品を本格的に使ってる方向けですね。

 

特に、サインペンやクレヨンで手書きした線をキャプチャしてブラシ登録すれば、手書き風ブラシがあっという間に作れるのは便利だなと思います。

 

このアプリ、無料ですがかなり革新的な良アプリだと思います!

(たぶんけっこう前からリリースされていたのでしょうがw)

 

シェイプ機能以外はまだあまり使っていませんが、まだまだ魅力満載なので別途記事に起こしたいと思います!

 

 

twitterはコチラ☆